1. ホーム
  2. お得な税金対策
  3. 知っておきたい税金制度

知っておきたい税金制度

ひと口に所得控除といっても、次のように様々なものがあります。

所得控除 人的控除 基本的に誰でも受けられる人的控除で課税最低限を保障する性格のもの 基礎控除
扶養控除
配偶者控除
配偶者特別控除
ハンディギャップなどに着目して税負担を軽減するための特別な人的控除 障害者控除
寡婦(寡夫)控除
勤労学生控除
物的控除 一定の支出や負担があった場合に税負担を軽減する趣旨で導入されているもの 社会保険料控除
小規模企業共済控除
生命保険料控除
地震保険料控除
医療費控除
寄付金控除
財産に対する損害を控除の対象として税負担を軽減するもの 雑損控除

扶養控除

納税者に所得税法上の扶養親族となる人がいる場合には、一定の金額の所得控除が受けられます。これを扶養控除といいます。

配偶者控除

納税者に所得税法上の控除対象配偶者がいる場合には、一定の金額の所得控除が受けられます。これを配偶者控除といいます。

配偶者特別控除

配偶者に38万円以上の所得があるため配偶者控除の適用が受けられないときでも、配偶者の所得金額に応じて、一定の金額の所得控除が受けられる場合があります。これを配偶者特別控除といいます。

寡婦控除

寡婦控除は、女性の納税者が所得税法上の寡婦に当てはまる場合に受けられる所得控除です。
  控除できる金額は27万円です。

寡夫控除

寡夫控除は、男性の納税者が所得税法上の寡夫に当てはまる場合に受けられる所得控除です。
控除できる金額は27万円です。

勤労学生控除

 勤労学生控除とは、納税者が所得税法上の勤労学生に当てはまる場合に受けられる所得控除です。
 控除できる金額は27万円です。

生命保険料控除

納税者が生命保険料や個人年金保険料を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを生命保険料控除といいます。

地震保険料控除

納税者が特定の損害保険契約等に係る地震等損害部分の保険料や掛金を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを地震保険料控除といいます。

医療費控除

自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。

雑損控除

災害又は盗難若しくは横領によって、資産について損害を受けた場合等には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを雑損控除といいます。